つぶやき

なにもしてない~幼児さんすう教室を始めようと思うまで④~

投稿日:2017年2月9日

長女・次女を振り返ってはっと気づきました。

三女には、何もしてないんじゃないか?

全く。。。してないかもしれない。。

いやいや、何かしたに違いない。

でも、記憶にない。。

長女が小学生になる時に、パートを始めました。
三女は1歳で保育園に入所。

日々、時間に追われて生活をしていたような気がします。

パートから帰ってきて、三女が寝るまでの数時間は戦争のようでしたポーン

あわててご飯を作り、食べさせる。。

三女は、食が細く、体力もなかったため、夜7時過ぎにはもう、
ウトウトし始めて、気がつくとご飯食べる前に寝てる時もしばしば。。zzz

そんな感じだったので、

私の思いは、
「とにかく、ご飯だけは食べさせなければ!!」

鍋おにぎり
食べてくれさえすれば、お風呂も一日ぐらい入らなくて寝ちゃってもいい。
知育教材・つみきなんてやってる暇なーーーい。

食べてくれればそれでいい。元気ならそれでいい。

その頃の長女や次女は、割と「これやっといて」とドリルを渡しておけば、
まあ何とか自分たちで終わらせてました。
(もしかして、これが小さいころからの積み重ねの結果??)

そんな毎日でした。

そんな我が家に突如湧いて出た、「三女小学校受験」

-つぶやき

執筆者:

関連記事

問題集の学年表示のあり・なしが…~算数LOVEへの道③

小学4年生の三女が最初に食いついてきたのは、 「サピックスのきらめき算数脳小学3・4年生」 “ゲームを利用した問題・図形問題などをパズル感覚で楽しく解ける” “読解力・論理的思考力・問題解決能力を養う …

幼児さんすう教室を始めようと思うまで①

はじめまして 香川県に住んでいる4児の母親です。 おうちで幼児のさんすう教室を開業しようと思い、只今勉強&準備中です。 私は数学が好きで、大学でも数学を学んだ、 お掃除より数学の問題を解くのが楽しい、 …

始めてみよう~幼児さんすう教室を始めようと思うまで⑥~

小学4年生になって、はじめて壁にぶつかって 勉強が難しい苦手になったのじゃなくて、 幼児の頃にはすでに、勉強=難しいもの=いやなものという式が 三女の中で出来上がったのかもしれません。今の三女は、 私 …

算数嫌いにならなかった二人にしたことは~幼児さんすう教室を始めようと思うまで③~

三女へのアプローチ(取り組み)をお休みしている間 いろいろ考えました。 『長女・次女は、算数嫌いではないのに、なぜ三女は嫌いになったのか?違いはなに?』 ふたりとも、小学生のときは算数好きでした。 中 …

子供の知能は親から遺伝するってホント?

数年前までは、 「子供の知能(=IQ)」は親から遺伝しない と言われてきました。 だから子供の知能を伸ばそうと、 小さな頃から英才教育や 幼児教室に通わせることは、どんどん能力を高める ことができて有 …