つぶやき

問題集の学年表示のあり・なしが…~算数LOVEへの道③

投稿日:2017年4月27日

小学4年生の三女が最初に食いついてきたのは、

「サピックスのきらめき算数脳小学3・4年生」
“ゲームを利用した問題・図形問題などをパズル感覚で楽しく解ける”
“読解力・論理的思考力・問題解決能力を養う”

という問題集。
カラーだしイラストも多いので
なんだかできそうな気がしたそうです。

でも、実際にやってみると
問題文の条件を理解・整理するのが
難しいようでした。

「文字が多い=難しい」の思い込みからか、
与えられた条件を把握することを
はなから拒否していました。

では、文字数が少なければいいのか??

そこで文字数の少ない1つ下のレベル

「きらめき算数脳小学2・3年生」

を試してみました。

できそうじゃん!

でもこちらの思惑をよそに、三女はやろうとしてくれませんでした。

理由は、表紙にありました。

三女の好きなピンクでかわいいじゃない?

そう思っていたのですが・・・

”””小学2・3年生”””

こう書いていることが気に入らなかった、
気に食わなかったのです。

彼女いわく、
「4年生なのに、3年生のしなきゃいけないの?
2年生って書いてるじゃん」

はぁ~(ため息)

そこですかぁ。

「次女ちゃんでも4年のときこれやったんだよ」

三女は、3歳年上の次女のことを
めっちゃ頭がいいと思ってるから、
その次女でも
下の学年のものをしたんだ、と言えば
やる!となるかと思ったけど

「しない!!」

作戦失敗・・。
勉強苦手な割にプライドがあるから
いろいろ難しいです。
きらめき算数脳に似たようなもので
学年表記のないものを探すことにします・・・

****************************

知り合いの塾の先生に伺うと

できないところにさかのぼってさせるとき
それが現学年より下だった場合、

下の学年ってことがわかる(学年表記
がある)問題集でも気にしない生徒と

絶対嫌!という生徒(親)がいるとのこと。

そんなときは、
学年表記がない、無学年式進級タイプの
問題集を使うことにしているそうです。

三女のような子は他にもいるんですね。

当教室では、
小学3年生までは
子供の能力・理解度に合った無学年式進級タイプ
小学4年生からは
理解度に合った教科書準拠教材を使用予定です。

-つぶやき

執筆者:

関連記事

なにもしてない~幼児さんすう教室を始めようと思うまで④~

長女・次女を振り返ってはっと気づきました。 三女には、何もしてないんじゃないか? 全く。。。してないかもしれない。。 いやいや、何かしたに違いない。 でも、記憶にない。。 長女が小学生になる時に、パー …

幼児さんすう教室を始めようと思うまで②

取り組みはうまくいきませんでした。 と、書きましたが 取り組みの方法が間違ってたのではないと思います。 いっしょに取り組んでいた年中の四女は どんどん吸収していき、 「たのしい、もっとやりたい」と言い …

世界は数学でできている!

「子どもの算数力は親の教え方が9割」の著者 桜井先生が講演される   日本数学検定協会主催のイベント   「数学の誕生とこれからの時代 ~世界は数学でできている!~」 「数学の大切 …

やっとめぐり合えた教材~算数LOVEへの道④

  せっかく食いついてくれた教材も学年表記があることであえなく撃沈。   でも、三女が食いつく教材のタイプは分かった。   ・パズル系や思考力系といわれるもの &nbsp …

算数嫌いにならなかった二人にしたことは~幼児さんすう教室を始めようと思うまで③~

三女へのアプローチ(取り組み)をお休みしている間 いろいろ考えました。 『長女・次女は、算数嫌いではないのに、なぜ三女は嫌いになったのか?違いはなに?』 ふたりとも、小学生のときは算数好きでした。 中 …