香川県丸亀市のわかる!できる!楽しみながら脳力を育てる かず・かたち・さんすう教室

身近な「もの」と「て」で「考えるちから」のタネをまき、思考力、想像力を育てます。

わかる!できる!楽しみながら能力をそだてる まるもと教室

14:00-19:00(祝日を除く月・水~土)

香川県丸亀市山北町629-1(丸亀城より車3分)

メールでのお問い合わせはこちらから

つぶやき

やっとめぐり合えた教材~算数LOVEへの道④

投稿日:2017年7月13日

 

せっかく食いついてくれた教材も学年表記があることであえなく撃沈。

 

でも、三女が食いつく教材のタイプは分かった。

 

・パズル系や思考力系といわれるもの

 

・文字ばかりじゃなく、絵や図が豊富

 

・学年表記のないもの

 

 

与える母としての希望は、

 

・問題数が多め

問題が少ないとあっという間に終わるし、同系統の問題を練習することができない。

 

・スパイラル方式になっている

簡単なものから徐々に難しいものへ自然にレベルアップしてると、子供が無理せずできる。

 

・同系統の問題が続き過ぎない

同じ系統ばかりが続くと飽きる。飽きてしたくなくなることが予想される。

 

 

この6点を満たす教材を探すこと数週間。

田舎の本屋では学校準拠の教科の問題集が主に売られている。

思考力系のものは、少ない。

 

なので、ネットを活用。

 

ネットでよさそうなものを見つけて、レビューやサンプルを見たりして、ぽちっと注文。

 

→実際に届くと 「あれ?なんかちがーう」となること多く

使わない教材がどんどんたまっちゃいました。

(悪い教材ではなくただ、三女に合わないだけなので、教室開くときに使えるかも。。ね)

 

 

で、やっとめぐりえました

 

 

それは、

 

こちらでーす。

その名も「算数ラボ」さんです。

 

思考力系??

表紙に「考える力のトレーニング」とOK

 

学年??  

表記なしOK 級表記でOK

見えるところに、学年表記は有りませんが、中の問題集の説明のところに小さめで

学年と級の対応表があります。が、ここは、三女は見ないのでOK

 

絵と図が多い??

OK

問題の文章の文字サイズも大きく、漢字にはルビが振ってあり

 

 

三女の基準はクリアー!

 

 

私の基準は、(10級で)

・問題数

ステージ1  50問(確認テストあり)

ステージ2  40問(確認テストあり)

ステージ3  30問(確認テストあ)

チャレンジ  8問

計128問   申し分のない圧倒的な問題数OK

 

・スパイラル方式

簡単な問題から難しい問題へと、3つのステージにわかれているOK

 

・同じ系統の問題が続かない

「数と量」の次は「空間と形」というふうに、1問ずつ違う分野の問題配列になっているOK

 

 

 

6つの項目すべてクリアーしてる「算数ラボ」を三女(当時小4)からすると、

かなりレベルを下げた10級(小1・2年)を渡してみた。

「簡単じゃーーん」

「楽勝楽勝」と

 

 

あまりにも一気に進むので、

「楽しい」「もう少しやりたい」でやめさせると、

やりたい気持ちが膨らむ(ゲームもそうだよなぁ)そうなので、

1日3問と決めてさせました。

 

時間にして10分ぐらい。

 

小4の勉強時間としては少ないですが、やっとやりたい、楽しいと思ってくれたのに、

欲を出して時間を増やしてしまったら、きっと以前の「エー勉強。いやだ」に逆戻りなんだろうと、

ぐっと我慢。

 

 

しばらくは、

いい調子で、進んでいたのですが。。。

 

 

-つぶやき

執筆者:

関連記事

パズル系問題集?~算数LOVEへの道②

田舎なので、小さな書店しかなく、 ネットでいいなぁと思う本の在庫がないことが多いのですが、 たまーーに、都会(県庁所在地)の品ぞろえの豊富な大型書店に行くと、 「へーこんなのあるんだ。。。」 「これ意 …

問題集の学年表示のあり・なしが…~算数LOVEへの道③

小学4年生の三女が最初に食いついてきたのは、 「サピックスのきらめき算数脳小学3・4年生」 “ゲームを利用した問題・図形問題などをパズル感覚で楽しく解ける” “読解力・論理的思考力・問題解決能力を養う …

できることが何か分からない~「負のスパイラル」脱出作戦 算数LOVEへの道①

  8か月かけてやっと、さんすう嫌い、勉強苦手 の 負のスパイラルから抜け出せるた感のある三女さんへの取り組み   「負のスパイラル」脱出作戦 算数LOVEへの道① 4年生夏休み …

なにもしてない~幼児さんすう教室を始めようと思うまで④~

長女・次女を振り返ってはっと気づきました。 三女には、何もしてないんじゃないか? 全く。。。してないかもしれない。。 いやいや、何かしたに違いない。 でも、記憶にない。。 長女が小学生になる時に、パー …

始めてみよう~幼児さんすう教室を始めようと思うまで⑥~

小学4年生になって、はじめて壁にぶつかって 勉強が難しい苦手になったのじゃなくて、 幼児の頃にはすでに、勉強=難しいもの=いやなものという式が 三女の中で出来上がったのかもしれません。今の三女は、 私 …